自家製粉 手打ち蕎麦 naru (てうち そば なる)

自家製粉 手打ち蕎麦 naru - 素敵に美味しいお蕎麦

お知らせ

いよいよ、明日から! CONNECT.展

CONNECT. 展

 
 
CONNECT.展

CONNECT.&KDMproducts

 
日時: 2010年12月22日(水)ー2011年1月10日(月・祝)

場所: D&DEPARTMENT PROJECT SHIZUOKA by TAITA 2F

参加費:無料 

 
主催:D&DEPARTMENT PROJECT SHIZUOKA by TAITA

協力:CONNECT./KDMproducts

お問い合わせ:静岡店(054-238-6678)
 
 
—-
naruに覚上知幸氏と児玉純弥氏がnaruへご来店されるようになったのは、一年前くらいからだったでしょうか?藤枝市と静岡市から数えきれないくらい来店していた
だき、「naruやべぇ。超うめぇ。ほんと美味しいっすよ。ゴリさん!」「naruはほんとに素敵ですよ。あたたかいですよ。」などと心ある応援をいただいております。ありがたい!

絶妙なバランス感覚のお二人から生み出される、Happyなモノ達。その代表がnaruにも置かせていただいている、フレーム(額)です。その圧倒的な存在感のソレ達は、触れた人が幸せを感じるワケで、、。幸せのキワードが隠れている!?気がするのはボクだけではないでしょう。さて、それは何だろう?
 
フレーム
は、昨年のジェシーロビンス展を皮切りに、conaruでの個展でも使わせていただいてもおります。今、お店のカウンター内でお客様をお迎えして、いや、
鎮座する黒板もお二人から贈られたそれ。

この個展は、そのたまらなく、愛おしい額達に囲まれ、みんなでコネクトする空間。
みなさん、是非、幸せのキーワードを探しに、静岡の D&DEPARTMENT 静岡店へ!

 
 
—————-
”Re
デザインユニット”CONNECT.の活動を紹介する展覧会を行います。静岡県藤枝市に在住する覚上知幸氏と児玉純弥氏は、小学校の解体作業に関わる中
で、良質な木材がごみとなってただ捨てられていることを目の当りにし、それらごみの中からプロダクトを作る活動を始めました。体育館の床材を使った、その
ままのラインや傷を活かしたアートフレームは、家庭の中はもちろん、多くの写真家や画家からオーダーを受け展覧会に使われたり、店舗内装でも使われ、広く
愛されています。
普段静岡店ではCONNECT.のアートフレームの取扱をしていますが、今回の展示では彼らの活動や、フレームの他にも展開されるプロダクト、児玉氏の手
がけるKDMproductの家具もご紹介致します。D&DEPARTMENTのオリジナルカフェテーブルや、工業用シェルフもCONNECT.がRe
デザインして下さいます。
(D&DEPARTMENT PROJECT 静岡店の紹介記事より)
—————-
 

Category : いろいろと