自家製粉 手打ち蕎麦 naru (てうち そば なる)

自家製粉 手打ち蕎麦 naru - 素敵に美味しいお蕎麦

お知らせ

しびれキング ながし的ライブ

11/14(日)の昼に、あのしびれキングさんが、ギター片手に流しにやってきます。
当店は、”かふぇみたいな曲が流れちゃってる蕎麦屋さん”とか言っちゃったり言われちゃったりしていますが、そんなことを当日は忘れていただくことになりますw。
 
なんでしょう。笑って飛ばせる限界に挑戦とでもいましょうか?
昼下がりに蕎麦を楽しみに来てくださっている皆様に、お礼の意味もとでもいいましょうか?
 
とにかくパンチの効いた”しびれさん”に、みなさんもしびれること請け合い。
遠州弁で言うところの※「バカおもしれぇ」といった感じです。
 
※ 誤解の無いように追記。(弱気な店主)遠州弁でバカとは”すごい”とか”とっても”といった意味です
 
 
さて、昼に当店でしびれさんは、流されたあと、ある意味、本番ステージは
美容室ennさんの屋上にて行われます”おでんパーティー”となります!
夜、お時間の都合のつくかたは、こちらへ!
 
日時:2010年 11月14日(日) open 19:30 / start 20:00
場所:浜松 enn http://www.enn-enn.com/
料金:予約 ¥1,500 / 当日 ¥1,500
チケット予約 info@enn-enn.com 担当 林

 
 
 
 






 
 
 
 
 

しびれキング
プロフィール

ギター弾き語りの吟遊詩人。
シリアルなメッセージとシュールな笑いを織り交ぜたスピリチュアルコメディースタイル。
18歳の時にレゲエのダンスホールに出会いレコードで歌い始める。
21歳の時に、Bob marley songs day(コンテスト)で優勝。
ジャマイカでは、何度もステージに立ち歌い、ダンスバトルをしたりする。
27歳の時にメキシコ/キューバに渡り、メキシコでは、地元のジェンべグループとインチキカンフー調のダンサーとなり20日間ほど旅芸人として街から街へ渡る。
キューバでは、サンテリア(アフリカの原始宗教を基にした宗教)による冠婚葬祭時に呼ばれる音楽家とともに多くの家庭へ行きなぜか?鳴りもので参加する。
2009年黄金の魂(Mix byパードン木村)と言う曲がV-シネマ兄弟の墓場(哀川翔主演)のエンディングとして採用される。
いままでツワーやバンドを組んだメンバー i-watch、shinji-man<共にhome grown>/あきお<snailramp>/大西ツル<Magnolia>/しびれキングトリオ<naoito&yota>/ailie/田原マサハ(hanauta)など多数
また移動販売車のタコス屋業やなんでも屋などを自身で立ち上げ全国行脚する様から平成の寅さんの異名もとる。
 

Category : いろいろと